葬儀費用を安くする方法とは

無料で75万円もの葬儀費用を削減できた方法とは!

私が実際に試した葬儀費用を75万円削減した方法を知りたくないですか? 損しない一括見積もりはコチラ

葬儀費用は安くできる

葬儀費用の価格を下げるには
葬儀費用を安く見せかけるカラクリに騙されない!で学んだ

  • 葬儀一式費用
  • 飲食接待費
  • 寺院への支払い

 

の3つの構成要素について検討することが効果的です。

 

これらの3つの葬儀費用を構成する要素について
選択するものを変えることで費用を削減することが出来るのです。

 

相見積りで葬儀業者を選択する

相見積りという言葉は馴染みが少ないのですが、
複数の業者から見積書をもらうことです。

 

事前に相見積りを行う事を伝え、複数の業者から
見積書をもらうことで、価格を下げることが可能となります。

 

同じ条件で作成された複数の見積書を比較検討し
満足できる葬儀業者を選択する事で費用が安くなるのです。

 

葬儀業者を決める為には
相見積もりの実施は必須と言えるでしょう。

 

葬儀一式費用の選択で費用削減

葬儀一式費用の中で
大きなウエイトを占めるのが祭壇の価格です。

 

祭壇の価格は大きさや彫刻、飾り物の豪華さで決まります。
祭壇価格は葬儀社で用意するものは30万円位〜あります。

 

30万円からは10万円単位ほどで上がって行きます。
金額が大きいだけに価格を抑える為には効果的な要素となります。

 

次に価格構成で大きいものは会場使用料となります。
公共のもので5万円〜10万円、民営で20万円〜位です。

 

どうしても会場使用料金を支払いたくない場合は
ご自宅で執り行うと無料で済むのですが準備が大変です。

 

葬儀一式費用では祭壇と会場使用料で6割以上を占めるため
この2つに絞り費用を減らす事ができれば効果は大きいでしょう。

 

飲食接待費の選択で費用削減

飲食接待費は年々費用ウエイトが上がっている要素です。
飲食接待費は返礼品関連の費用と飲食費用に分けることができます。

 

返礼品とは、通夜や葬儀に弔問してくれた方に
お礼の気持ちとして礼状と一緒に渡す品物です。

 

返礼品とお礼状は弔問に訪れた方全員にお渡しするので
数が多く必要となります。

 

例えば弔問者数が100名の場合であれば
礼状が100円で、返礼品が600円であれば7,000円となります。

 

これが礼状100円は変わらず返礼品が500円であれば
合計金額は60,000円となり1万円の差が出てきます。

 

香典を頂いた方へのお礼の香典返しは
3,000円前後です。

 

香典返しを80名に3,000円に行った場合は240,000円で
4,000円の品物を選ぶと320,000円でその差8万円です。

 

このように香典返し、返礼品は数が多くなれば
単品の判断が大きな差になることを知っておく事が必要です。

 

飲食費については、多めに取りすぎる傾向があるようです。
飲食する人数の把握がポイントとなります。

 

通夜振る舞いは人員数の把握が難しいので
オードブルなど大まかな計算で頼める料理がお勧めです。

 

葬儀の最後に振舞う精進落としは、単価が大きいので
数はシビアに間違いなく頼むことが大事です。

 

寺院へ支払う費用を選択する

寺院への支払いには2通りの種類があります。
読経のお布施と戒名のお布施です。

読経のお布施は通夜から葬儀までで
15万円〜30万円が相場です。

 

戒名は
・〜信士(男性)、信女(女性)で10万円〜20万円前後
・〜居士8男性)、〜大姉(女性)で20万円〜30万円前後
・〜院居士(男性)、〜院大姉(女性)50万円〜100万円前後
というような相場となっています。

 

しかし、これらの金額はあくまでも相場金額で
決められたものではありません。

 

寺院への支払いをケチることは
気持ち的に良くないと思います。

 

しかし、気持ちは充分あっても経済的に難しい場合は
相場より金額が落ちても何ら問題はないと思います。

 

寺院への支払いについては
相場に近い金額で調整することが望ましいでしょう。

 

相見積もりで葬儀費用を安くする

葬儀費用を安くする方法でお勧めなのが
相見積もりを取得する方法です。

 

相見積とは費用を削減する目的で
複数業者に見積依頼することです。

 

私自身の体験で恐縮ですが
相見積もりで高額な費用を削減する事ができました。

 

相見積を取得する方法は難しいように感じますが
一括見積もりサービスを利用することで簡単に取得できるのです。

 

是非ご活用ください。

 

葬儀費用を安くするため

葬儀費用を安くする為には
相見積もりで価格の安い葬儀業者を見つける
葬儀一式費用の中の価格ウエイトが大きい祭壇と葬儀会場を検討する
飲食接待費の中で返礼品は単価を慎重に決める
などポイントを絞って検討することが重要です。

 

費用を下げる為、何もかもご自分で準備したいという
方も希にいますが、素人では到底葬儀を執り行えるものではありません。

 

葬儀会社に依頼することでスムーズな心のこもった葬儀が可能となります。
肝心なことは悪質な葬儀業者に騙されないことです。

 

葬儀費用の相場を参考にして
ポイントを絞って葬儀費用を検討しましょう。

お住まいの地域で最安値の葬儀社ご紹介出来ます!

全国約400社の中から最大10社の無料見積り!
しつこい勧誘は一切ありません!
安心してお手軽にご利用ください!

無料見積りはコチラ!