葬儀の服装でお悩みなら

無料で75万円もの葬儀費用を削減できた方法とは!

私が実際に試した葬儀費用を75万円削減した方法を知りたくないですか? 損しない一括見積もりはコチラ

参列者は喪服を着用しないのです!

喪服はご遺族が喪に服すことを意味して
着用するもので、モーニングや和装があります。

 

一方で略式の礼服として
ブラックスーツやブラックフォーマルがあります。

 

葬儀や通夜に参列するときは親族様より格が上にならず
しかも、失礼のない服装が必要です。

 

通夜や葬儀の参列には
略式の礼服が一番という結論になるのです。

 

葬儀(告別式)の服装

葬儀や告別式に参列する場合は
略式礼服を着用します。

 

略式礼服とは、

  • 男性の場合は、ブラックスーツ
  • 女性の場合は、黒のワンピースやアンサンブル、スーツ

が基本となります。

 

男性のスーツは、ダブルでもシングルでも
三つぞろいでも良いでしょう。

 

女性の場合、夏場でも肌は
多く見せないよう配慮しましょう。

 

男女とも靴やストッキングの色は
黒色のものを着用しましょう。

 

冬場のコート

冬場の葬儀で女性の悩みとして
多いのがコートのことです。

 

コートの下は礼服を用意しているのですが
フォーマルコートを着用すべきか悩むケースが多いのです。

 

その前に1つ大事なエチケットをお伝えします。
コートは葬儀会場の建物に入る前脱いでおきます。

 

焼香場所が屋外の場合は、焼香するとき以外は
コートを着用していても大丈夫です。

 

また、コートは革製品や毛皮のものは
着用を避けておくべきです。

 

その他タブーとされる服装や装飾品

葬儀で意外と見落とされているのが、
ゴールドの時計やブレスレットなどです。

 

結婚指環以外のアクセサリーや
光沢あるものを身につけないことがマナーです。

 

男性のネクタイピンも目立つので気を付けえましょう。
女性の濃いメークやネイルも注意が必要です。

 

悩む子供の服装

子供さんが学生の場合は制服を着用します。
制服がない場合は悩む事が多いと思います。

 

望ましい服装は、白のシャツ、無地の地味なズボン
やスカート、ブレザーなどです。

 

でも、急な場合はブレザーなどがないことも。
そのような時は、明るい色を避けた服装を心がけましょう。

 

赤ちゃんの場合は白色を
意識するとよいでしょう。

 

やっぱり礼服一式は準備しておくことをお勧めします!

葬儀に参列するために、礼服や
フォーマルコートを購入するか迷う方が多いようです。

 

迷う理由としては、葬儀に参列する機会が
少ないので、勿体無いという気持ちが大きいからです。

 

その気持ちはとっても良くわかります。
私も20代の頃はそうでした。

 

ところが、礼服や葬儀用のコートが無いと
仕事や人間関係まで影響が出るようになりました。

 

大事な方の葬儀のお手伝いも
出来ない事があったのです。

 

それから、高価なものではありませんが、
礼服と靴、ネクタイなどを一式揃えました。

 

すると、それまで葬儀がある度に
不安で憂鬱に感じていた気持ちが全くなくなりました。

 

それからは、葬儀があっても積極的に
参列できるようになりました。

 

礼服は本来必要だと感じているからからこそ
お悩みの方が多いのだと思います。

 

そのような方には、20代の頃の私と
同じ失敗をして欲しくはありません。

 

葬儀参列を積極的にできるような
服装を準備する事は安心感を与えてくれます。

 

葬儀の度に不安、そして憂鬱になるより
安心して参列出来るように準備してみませんか?

 

礼服やフォーマルコート、靴なども
通販で購入すれば、それほど高額ではありません。

 

もし、よかったらテレビCMでもお馴染みの
通販をご利用ください。

 

お住まいの地域で最安値の葬儀社ご紹介出来ます!

全国約400社の中から最大10社の無料見積り!
しつこい勧誘は一切ありません!
安心してお手軽にご利用ください!

無料見積りはコチラ!