相続の基本を知っておきましょう

無料で75万円もの葬儀費用を削減できた方法とは!

私が実際に試した葬儀費用を75万円削減した方法を知りたくないですか? 損しない一括見積もりはコチラ

相続の基本

遺産の種類

亡くなった人が財産を持っていた場合
相続が発生します。

 

この時、亡くなった方を被相続人といい
相続する人を相続人といいます。

 

財産というのは一般的に

  • 現金
  • 土地、建物などの不動産
  • 預貯金債権、代金債権
  • 株式

などのプラスのものだけでなく、
借金などのマイナスのものまであります。

 

遺産は相続人にとってプラスのものと
マイナスのものがあります。

 

プラスの遺産だけいただき、マイナスの遺産だけを
放棄する訳にはいかない事も知っておきましょう。

 

相続の承認と放棄

相続方法には

  • 単純承認
  • 限定承認
  • 放棄

の3通りがあります。

 

単純承認

被相続人が残した財産も借金も
全て受け継ぐ相続方法のことです。

 

限定承認

残された借金は遺産だけから返済し
返済しきれない分は返済しない相続方法です。

 

放棄

被相続人が残した財産も借金も
相続しない方法のことです。

 

相続人は相続を知った時から3ヶ月以内に
これらの相続方法から1つ選択しなければなりません。

 

3ヶ月以内に選ばない場合は
単純承認したこととみなされます。

 

遺産分割

相続は遺言があれば、原則として
遺言通りに行われます。

 

遺言がなければ、相続人の間で話し合いを
行ない遺産分割をします。

 

遺産相続は法律上決まりがあります。
配偶者が1/2、子供が1/2の分割がよく知られています。

 

遺産分割で問題視されるのが
遺言と遺産分割です。

 

故人が全財産を寄付するという遺言を
残した場合、妻や子の相続はどうなるのかということです。

 

遺留分とは

実は遺族の遺産の取り分として
遺言でも侵害できない遺留分というものが存在します。

 

例えば、故人が5000万円を寄付する遺言を残した場合は
半分の3000万円を妻や子は取り戻せるものです。

 

相続をスムーズに行うため

遺産相続は、争いがつきものだという
イメージがとても強いものです。

 

現実に遺産相続を境に親族間で
大きな溝ができたという話もよくあります。

 

遺産相続を円満に行うには
遺産分割協議を上手く行うことです。

 

遺産分割協議といっても
その方法は定められているわけではありません。

 

厳格な会議を行わなくても全員の
合意があれば問題ないのです。

 

郵便のやり取りでも、メールのやり取りでも
電話だけの話し合いでも良いのです。

 

但し、遺産分割の合意が出来た場合は
遺産分割協議書を作成しておくことが重要です。

 

法定相続は制定されていますが、
相続人の合意があれば従う必要はありません。

 

大切なのは、相続人の全員が
納得出来る相続であるかなのです。

 

お住まいの地域で最安値の葬儀社ご紹介出来ます!

全国約400社の中から最大10社の無料見積り!
しつこい勧誘は一切ありません!
安心してお手軽にご利用ください!

無料見積りはコチラ!