葬儀後の失礼のない寒中見舞いについて

無料で75万円もの葬儀費用を削減できた方法とは!

私が実際に試した葬儀費用を75万円削減した方法を知りたくないですか? 損しない一括見積もりはコチラ

寒中見舞いとは

寒中とは、寒の入りと言われる1月7日頃
から立春の2月4日頃までの時期を言います。

 

暦の上では、小寒から大寒の間の
時期を指していいます。

 

基本的な寒中見舞いは、寒中の時期に
健康や近況を報告し合うために行います。

 

寒中見舞いは、
喪中の時のご挨拶としても上手く利用されています。

 

簡単そうで実は迷うことが多い
喪中の寒中見舞いについてご紹介します。

 

遺族側の寒中見舞い

ご遺族への年賀状に対する寒中見舞い

喪中には、喪中はがきと言われる
年賀欠礼状」を予め送ります。

 

しかし、全ての人に年額欠礼状を
送れない場合もあります。

 

また、喪中に年賀状を受け取ることは
マナー違反では無いため、年賀状をくれる方もいます。

 

そのような場合に、新年のご挨拶をいただき
返礼しないのは失礼にあたります。

 

寒中見舞いを使って現状をお伝えし
欠礼をお詫びすることが望ましいのです。

 

まず、「寒中見舞い申しあげます」
という文から始まります。

 

そして、年賀状を頂いたお礼を言って
年賀状が無事ついた事を暗にお伝えします。

 

その後、年賀状を出せなかった理由
つまり喪中であったことを伝えます。

 

最期に、「本年もお願いします」
という意味合いでご挨拶を締めくくります。

 

故人に頂いた年賀状に対する寒中見舞い

故人が亡くなったことを知らずに
例年通り年賀状を頂くケースがあります。

 

本来は年賀欠礼状でお知らせするのが
良いのですが、できない場合もあるものです。

 

そんな時に頂いたご挨拶は丁寧に
心を込めてお返ししたいものです。

 

故人の死に対して詳細を書く必要はありませんが、
故人が亡くなったこと、感謝の気持ちを書くと良いでしょう。

 

この場合も、寒中見舞いの挨拶から始まり
ご挨拶に対してのお礼を書きます。

 

そして、故人(氏名を記載)が昨年○月○日
他界したことを書きます。

 

そして、お知らせできなかった非礼を
お詫びする内容を書きます。

 

最後に故人に対するご厚情を感謝し
お相手のご多幸をお祈りする旨を書きます。

 

これらのポイントさえ抑えていれば
失礼にはならないでしょう。

 

寒中期間はアッという間に過ぎてしまうので
早めに行動されることをお勧めします。

 

喪中の方へ寒中見舞いを送る場合

喪中の方へ誤って年賀状を送った場合

会社の上司へ年賀状を送ったあと、
喪中だったため、慌てるケースもあるようです。

 

このような時は、寒中見舞いで
お詫びすれば礼は欠かさずにすみます。

 

このような場合は、上司から年賀欠礼状が
届かなかったケースが多いものです。

 

葬儀を執り行ったことを
多くの方に伝えなかった場合も有ります。

 

しかし、相手が相手ですから
そのまにしておくのは落ち着きません。

 

寒中見舞いには、誤って年賀状を送ったお詫びと
故人やご親族に対してのお悔やみを書いて送ります。

 

年賀状を送らなかった場合の寒中見舞い

冒頭でお伝えしましたが、喪中のお相手に
年賀状を送ることはマナー違反ではないそうです。

 

しかし、実際そのマナー自体あまり知られていない事から
喪中のお相手に年賀状を送るのは危険ですね。

 

このような場合は、寒中見舞いを送ると良いでしょう。
寂しい正月を終えた方には大きな励ましとなるでしょう。

 

この寒中見舞いで1つフだけ気をつけることは
決して「おめでとう」という言葉を使用しないこと。

 

お相手の気持ちを察した
気遣いのある寒中見舞いを送りましょう。

お住まいの地域で最安値の葬儀社ご紹介出来ます!

全国約400社の中から最大10社の無料見積り!
しつこい勧誘は一切ありません!
安心してお手軽にご利用ください!

無料見積りはコチラ!