四十九日を上手に執り行うには

無料で75万円もの葬儀費用を削減できた方法とは!

私が実際に試した葬儀費用を75万円削減した方法を知りたくないですか? 損しない一括見積もりはコチラ

忌明けと呼ばれる四十九日

仏式では、死後七日ごとに法要が営まれます。
死者の霊は死後もさまよっているとされています。

 

七日ごとに前世の罪業を裁く審議が
行われていると言われています。

 

七日ごとの審議の日に遺族が読経を行ない功徳を積むことで
故人を援助し罪業を軽くすると考えられています。

 

そして、7回目の審議で審判が下り
死者の霊はは家を離れるとされています。

 

7回目の審議は、七日×7回で四十九日となるのです。
四十九日は忌明けと呼ばれ重要な日とされています。

葬儀後の法要として、最初に行う大きな営みが
この四十九日となります。

四十九日の準備

葬儀が終わると、アッという間に
月日は過ぎてしまいます。

 

従って、四十九日の準備は、葬儀が終わり次第
すぐに取り掛かる事をお勧めします。

 

葬儀の準備は

  1. 日程を決める
  2. お寺への依頼を行う
  3. 会場や料理の段取りを行う
  4. 案内状を出す

という順で行ないます。

 

四十九日を執り行う日が
平日の場合は前倒しの週末や祭日を選びます。

 

49日目を過ぎることが無いように
気をつけましょう。

 

四十九日に必要な費用とは

四十九日に必要な費用の
一般的な例は以下の通りです。

 

費用の項目

費用例

案内状 200円前後/枚
会食費用 5,000円×出席者数
引き出物費用 4,000円×出席者数
移動費用 マイクロバス1台〜40,000円(24人乗り)
会場費 お寺で行う場合は1万円程度
読経お礼 30,000円〜50,000円
僧侶への車代 10,000円
御膳料 5,000円〜10,000円

 

会食費用や引き出物費用は
出席者数によって大きく変わります。

 

その為、案内状を早目に送付し
出席者の数を早めに把握する事をお勧めします。

 

四十九日(忌明け)後に行う事とは

忌明けという区切りの時期は、

  • 香典返しを送る
  • 納骨を行う
  • 位牌、仏壇の入魂・開眼供養
  • 仏壇の扉を開ける
  • 神棚封じを解く

などを考えなくてはいけません。

 

尚、位牌、仏壇の入魂・開眼供養は
新規に購入した場合のみ行ないます。

 

四十九日を上手に執り行うため

会食を行う場所選び

四十九日の会食を行う際
どこで行うかは大切なポイントです。

 

一般的には、お寺や葬儀場、自宅が良い
という人が多いものです。

 

施主様やご遺族、ご親族で会食する場所への
こだわりがあれば、その場所が一番適切ではないでしょうか。

 

しかし、最近はホテルや料亭などで
会食を行うケースもあります。

 

通夜式や葬儀で精進料理を食してきたので
四十九日は気分を変えて行うようです。

 

このように、一般的でない場所で会食を
行う場合は、周囲の人と相談しておくと無難です。

 

会場しだいで出席者の気持ちに
大きな影響を与えることを知っておきましょう。

 

高齢者やお子様への配慮

高齢化社会になり何の行事においても
ご高齢の方への配慮が必要です。

 

それとともに、お子様がいる場合の配慮を
欠くと、お子様ばかりでなく周囲の方への影響も出てきます。

 

四十九日は墓地、葬儀場、会食場、お寺
など多くの場所を移動するケースが多いもの。

 

移動方法や会場、時間などを
予め把握し負担の少ないスケジュールを立てましょう。

 

飲酒に関する配慮

法要の会食には飲酒がつきものです。
この時、施主様として配慮したいのが飲酒運転です。

 

故人の大切な法要時に飲酒による
事故や違反があっては台無しです。

 

会食するお店を予約する場合などは
送迎用のバスの有無も手配しましょう。

 

会食を行う際に飲酒運転をしないように
伝える事を忘れないことも重要です。

 

お住まいの地域で最安値の葬儀社ご紹介出来ます!

全国約400社の中から最大10社の無料見積り!
しつこい勧誘は一切ありません!
安心してお手軽にご利用ください!

無料見積りはコチラ!