ご両親がなくなった場合の預貯金は

無料で75万円もの葬儀費用を削減できた方法とは!

私が実際に試した葬儀費用を75万円削減した方法を知りたくないですか? 損しない一括見積もりはコチラ

遺産に変わる預貯金

お父様やお母様がお亡くなりになられた時から
財産は遺産に変わります。

 

預貯金は遺産となり貯金の口座は
凍結されることになるのです。

 

通常であれば、遺産分割協議が行われたあとに、
預貯金は取り扱えるようになります。

 

その期間は数ヶ月必要な場合が多いでしょう。
しかし、それでは経済的に困るケースもあります。

 

葬儀費用は高額なお金が必要となるものです。
数ヶ月間も支払いを遅らせるわけにはいきません。

 

凍結した預貯金の対処方法

金融機関にお願いする

金融機関によっては、遺産分割終了前
でも預貯金を引き出せる場合も有ります。

 

但し、その時は相続人全員の同意書
などの所定の書類を提出しなければなりません。

 

時間も手間も多く必要となりますので
覚悟して早目に対応することが大切です。

 

銀行などには分からない実情

親御様が亡くなった際は預貯金口座が
凍結されます。

 

しかし、その事実を銀行などが知る術は
殆ど無いのが実情です。

 

故人が著名な方で新聞等に掲載されるような
ことがない限りわからないのです。

 

役所に死亡届を出しても銀行などには
その連絡はいきません。

 

従って、殆どの場合自己申告をしない以上
銀行側が故人の死亡を知ることはないのです。

 

親御さんが死亡後預貯金を引き出す行為が
違法なのかというのは、難しい問題です。

 

相続人が1人だけの場合であれば
被害者は誰?という疑問が出てきます。

 

しかし、相続人が複数であった場合は
問題は大きくなり事件化するケースも多いようです。

 

銀行等に故人の死亡を伝えた時点で
凍結となるため、正しい手順を踏むことが良いようです。

 

生前に引き出しておく

親御様が死期を宣告されているような
場合は、生前に対処しておくことがお勧めです。

 

口座から葬儀に必要な分を
予め引き出しておきます。

 

この場合も全相続人に相談し
了承してもらいましょう。

 

実体験からお勧めする事前準備

実は、2012年に義父が亡くなり
葬儀費用は義父の預貯金で都合しました。

 

義父の寿命は予め分かっていたので
義母や妹に相談し事前に引き出しておきました。

 

ですから、葬儀費用の支払いは
さほど困らずに行えました。

 

私の経験から申しますと親御さんのケースでは
事前に引き出しておくのが良いようです。

 

いざ、お亡くなりになってからは
忙しく銀行に行く時間がなくなるからです。

 

個人名義の預貯金は周囲の了承を得て
事前に引き出すことで、葬儀をスムーズに執り行えるようです。

お住まいの地域で最安値の葬儀社ご紹介出来ます!

全国約400社の中から最大10社の無料見積り!
しつこい勧誘は一切ありません!
安心してお手軽にご利用ください!

無料見積りはコチラ!