葬儀マナーのお悩みなら

無料で75万円もの葬儀費用を削減できた方法とは!

私が実際に試した葬儀費用を75万円削減した方法を知りたくないですか? 損しない一括見積もりはコチラ

葬儀に関するマナー

葬儀への参列に関するお悩みの中で多いのは、
どの程度の関係まで葬儀に参列すべきかということです。

 

大切な方がお亡くなりになった時、
ご遺族には行うべきことが多くあります。

 

その中に、親族等への連絡があります。
一般的に、その連絡は三親等までとされています。

 

しかし、故人との生前の繋がりが
深い場合には例外もあります。

 

臨終の連絡も葬儀への参列も大切な事は
如何に生前の関係が深かったかということでしょう。

 

故人のお気持ちを察した場合、この世の最後のお別れは
大好きだった人と交わしたいと思うからです。

 

葬儀参列に周囲が反対するケース

故人への思いが強くどうしても葬儀に参列し
最後のお別れがしたいという場合があります。

 

一般的には、是比葬儀に参列して
故人と最後のお別れを行うべきと思えます。

 

しかし、葬儀への参列を周囲の人から
反対され悩む方も多いのです。

 

周囲の人の葬儀への反対理由には

  • 親族ではあるが、三親等以上離れている
  • 葬儀場所が遠いため、時間と費用負担が大きい
  • 家族の生活に影響がある

などがあります。

 

故人に対する思いは、その人だけにしか
分からない事があるので、参列に反対されるのは辛いもの。

 

こんな時、貴方ならどういう判断をされますか?
とても難しい選択を強いられるケースですね。

 

結論からいうと、それほどお悩みになるのなら
葬儀に参列することがお勧めです。

 

但し、周囲の人との関係はこれからの人生で
大切なものです。

 

周囲への方へ理解してもらうためには
次のような事を少しでも行うとよいでしょう。

 

  • 故人への思いの強さをよく説明し理解して貰う
  • 葬儀出席に際しての問題を少しでも無くす
  • このような時のため有給休暇を残し、貯金もしておく
  • 家族のお世話を信頼できる人へお願いする

 

大切な方の葬儀に参列できなかったという
後悔が残らないよう最善を尽くしていただくよう応援いたします。

 

香典に関してのお悩み

葬儀へのお悩みの中で最も多いといわれているのは
香典に関するものです。

 

目安となる金額

香典の金額は故人との関係や
葬儀に参列する方の年代によって変わります。

 

年代別の香典相場を纏めましたので
参考にされてください。

関係/年代

20代

30代

40代

50以上

祖父母

10,000

10,000

10,000

10,000

両親

100,000

100,000

100,000

100,000

兄弟姉妹

50,000

50,000

50,000

50,000

叔父叔母

10,000

10,000

10,000

10,000

ご近所

5,000

5,000

5,000

5,000

親戚

10,000

10,000

10,000

10,000

友人

5,000

5,000

5,000

10,000

会社関連

5,000

5,000

5,000

10,000

上記香典相場は全国の平均的な
ものですが、金額の決定は相場だけで行いません。

 

香典の金額は故人やご遺族への
の思いによって変えることも可能です。

 

相場を十分認識しておきつつ
故人やご遺族への気持ちを上乗せしても問題はありません。

 

但し、ご遺族が恐縮されるような
金額はかえってご迷惑となるので常識的な金額をお包みしましょう。

 

香典袋への表書き

香典袋への表書きは筆ペンが最適です。
水引から上の部分に用途を書き、下へ氏名を書きます。

 

用途は、「御霊前」が全宗教で使用できる
もので一番無難なものです。

 

「ご仏前」は書きやすいのですが、
宗派によっては葬式では使わない場合があります。

 

仏式で使用できる表書きには
御霊前、御香典、ご香料があります。

 

神式の場合は、御霊前、御玉串料、御神前があります。
キリスト教は御霊前、御花料、献花料があります。

 

無宗教の場合は御霊前です。
こうして見ると、やはり「御霊前」が無難のようです。

 

中袋の表には、金額を漢数字で記入します。
裏側には、住所、氏名を記入します。

 

表袋と中袋は別々に整理するため
別々に住所や氏名を記入してくれると有難いものです。

 

金額は5,000円なら「金五阡円」「金五千円」と書きます。
英数字はで書く事がないように注意しましょう。

 

葬儀の挨拶でのお悩み

葬儀の挨拶には、

  • お通夜挨拶
  • 弔辞
  • 告別式の挨拶
  • 精進落としの挨拶
  • 四十九日法要の挨拶
  • 僧侶への挨拶
  • 世話役や遺族側への挨拶

など様々なものがあります。

 

多くの挨拶の中で最も注目され
心打たれる挨拶は告別式挨拶となります。

 

告別式挨拶は告別式が終了後
遺族代表が挨拶を行います。

 

最近では告別式終了後の挨拶は省略され
出棺時に行われる場合もあります。

 

最も注目され遺族を代表する挨拶は
どのようなことに留意して行えば良いのでしょうか。

 

多くの葬儀に参列させていただき
いろんな挨拶をお受けした経験から挨拶は、

  • 会葬者へのお礼が必ず入っていること
  • 故人の整然や闘病中にお世話になった人へのお礼を欠かさない事
  • 故人が亡くなった時の説明や最後の様子を伝える事
  • 遺族への今後の決意を伝えること
  • 遺族への今後の変わらぬお付き合いのお願いを行うこと
  • 故人への最後の言葉を伝える

などがあれば良いと思えます。

 

留意点は多くありますが、長くなりすぎないように
簡潔にまとめる方がよいでしょう。

葬儀への参列に関するお悩み

お住まいの地域で最安値の葬儀社ご紹介出来ます!

全国約400社の中から最大10社の無料見積り!
しつこい勧誘は一切ありません!
安心してお手軽にご利用ください!

無料見積りはコチラ!