お墓に対する正しい知識を

無料で75万円もの葬儀費用を削減できた方法とは!

私が実際に試した葬儀費用を75万円削減した方法を知りたくないですか? 損しない一括見積もりはコチラ

墓地には3つのタイプがあるのです

日本の墓地の承継は一般的には
長男により行われるのがしきたりとなっています。

それ以外の息子は新たに自分のお墓を作り
子孫に伝えてくのが伝統的な形式となっています。

 

ご自分の父親が長男で無い場合はお墓を
建てる場所となる墓地を購入しなければなりません。

 

権利を購入する墓地購入

墓地を購入するというとどんなイメージを持たれますか?
おそらく土地を購入する感覚ではないでしょうか。

 

墓地を購入するというのは、土地を購入することではありません。
墓地内にある区画を使用する権利を購入することになるのです。

 

墓地の価格は「永代使用料」「墓地使用料」などと呼ばれています。
墓地の所有者はお寺や霊園の経営者のものなのです。

 

墓地の権利は子孫に継承することができますが、
他人に売却することはできないのです。

 

墓地の3つのタイプ

墓地は経営する母体によって

  • 寺院墓地
  • 公営墓地
  • 民営墓地

に分類されます。

 

公営墓地が一番価格が手頃ですが、
制約も多く入手困難です。

 

寺院墓地はお寺に守ってもらえるメリットが大きいのですが、
檀家としてのお付き合い、金銭的な負担も出てきます。

 

民営が一番自由に扱えますが、
金銭的には負担が大きいでしょう。

 

宗教や宗派を問わずに区画の広さで選ことが多い
民営墓地は近年増え続けていることからも更に利用者が増加することでしょう。

 

墓地を探す

墓地を探すには、新聞やチラシ、インターネットが便利です。
石材店などがあれば話を聞いても良いでしょう。

 

公営墓地は県や市の広報に募集が告知されます。
気を逃さず頻繁に情報をとっておく事が大事です。

 

墓地の購入には、価格は勿論、宗派の規定や細かな点にも
注意をして安心出来るところを選びましょう。

 

墓地は日あたりがよく、交通の便も考慮することが大事です。
後々お墓参りには年数回行く事を考えて決めるのが得策です。

 

生前に立てるお墓は不吉?

生前に自分立ちが入るであろうお墓を建てることを
不吉だからやめたほうが良いという人もいます。

 

しかし、生前にお墓を立てる行為を仏教では寿陵といって
むしろ、功徳が高いとされているのです。

 

そして、相続税にも影響し節税ができます。
墓地には取得税や消費税、相続税が一切かからないのです。

 

お墓の種類

お墓は子孫や親類等が守っていくものとされてきましたが
近年では継承者が途絶えることもあります。

 

お寺さんでは永代供養と呼ばれる供養を行って
もらえますが、民営のお墓ではどうするのでしょうか。

 

現代では子供のいない夫婦も増えたため最初から継承者を
考えない「永代供養墓」が増加しています。

 

更に時分だけが入る「個人墓」、夫婦で入る「夫婦墓」
友人と入る「友人墓」などの個人墓が存在するのです。

 

お墓を建て納骨式を行うまでの費用

お墓を探し、お墓を立てるまでには
持ちの永代使用料と墓石・建立費用が必要です。

 

そして、墓が完成したら開眼法要、納骨式を行います。
この時はお布施を寺院の僧侶へお渡しします。

お住まいの地域で最安値の葬儀社ご紹介出来ます!

全国約400社の中から最大10社の無料見積り!
しつこい勧誘は一切ありません!
安心してお手軽にご利用ください!

無料見積りはコチラ!