喪中はがきと寒中見舞いとの使い分け

無料で75万円もの葬儀費用を削減できた方法とは!

私が実際に試した葬儀費用を75万円削減した方法を知りたくないですか? 損しない一括見積もりはコチラ

喪中はがきとは

毎年年賀状で新年のご挨拶を行っている方々へ
親族が亡くなった年は挨拶を欠く旨お伝えする目的で出すのが喪中はがきです。

喪中はがきの歴史は意外に浅く、明治31年頃始まったといわれています。
ですから、それほど長い時間をかけて培われた習慣では無いのです。

 

正しいルールや取り決めが決定的にあるものではなく
むしろ、現在も日々変化している風習でもあるのです。

 

とは言っても一般的な常識は知っておきたいものですね。
そこで、喪中はがきの常識について簡単に説明します。

 

喪中欠礼の範囲

一般的に何親等まで喪中はがきを出すのか
お悩みの方も多いようです。

 

これは、故人との関わりの強さによりますが、
一般的には2親等まで喪中はがきを出すものです。

 

2親等以内といえば、両親、配偶者、子供、配偶者の両親
兄弟姉妹、祖父母があります。

 

この中です父母に対しては、最近の風習では同居の有無で
分けられ、別居している場合は喪中はがきは出さないことが多いようです。

 

使い分けを行う喪中はがき

一般的な喪中はがきは、毎年年賀状を交換している
方々に出すものです。

 

しかし、仕事関係の方や個人と面識のなk
方へは敢えて喪中はがきは出さない傾向があるようです。

 

また、喪中であることを知っている親族には
喪中はがきを出さない事も増加しているようです。

 

喪中はがきは早めが良いマナー

喪中はがきの主な目的は年賀欠礼の挨拶なので
年内に届けば問題はありません。

 

しかし、相手の事を思うと遅すぎる喪中はがきは
恐縮させてしまう場合が発生してしまいます。

 

年賀状の準備にかかる11月中旬から
12月初旬には届くような配慮は喜ばれるでしょう。

 

寒中見舞いとは

寒中見舞いとは本来、日本の慣習の1つで
1月5日頃の小寒から2月4日頃の立春までの寒中に行う見舞いのことです。

 

現在では豪雪地や寒冷地での相手を気遣う手紙などを言います。
また、喪中のため年賀状を出せない場合の代用に使われます。

 

1989年は昭和天皇の病状が悪化し
自粛のため官製の暑中見舞いはがきが発売されました。

 

喪中対応の寒中見舞いについて

寒中見舞いは寒い時期のお見舞いや
年賀状の返礼に遅れた場合に出すものでもあリます。

 

一方で喪中対応としても利用されるものです。
喪中対応で利用するケースには以下のような場合があります。

 

  • 喪中の方へ年頭の挨拶に変える場合
  • 喪中の告知と欠礼のお詫びをする場合
  • 喪中と知らずに年賀状を出した時のお詫びの場合
  • 喪中を知らぜず年賀状をいただいた方へ出す場合
  • 故人に年賀状が届き返礼する場合

 

喪中はがきと寒中見舞いはどちらが適切

親族が亡くなった時には喪中はがきと寒中見舞いに
よる2つの方法があります。

2つの方法は共に親族の不幸により
新年の挨拶を欠くことをお伝えするものです。

 

しかし、2つの方法には大きく異なる点があります。
それは、はがきを出す時期に大きな違いがあるのです。

 

遅くとも12月初旬には出す喪中はがきに対し
寒中見舞いは翌年の松の内が明けてからとなる事が決定的な違いです。

 

いわば事前報告と事後報告との違いがあるのです。
このことから喪中はがきという方法が親切だと考えられます。

 

従って、喪中はがきにより事前にお伝えし
お伝えできなかったケースで寒中見舞いを利用する方法が良いと思われます。

お住まいの地域で最安値の葬儀社ご紹介出来ます!

全国約400社の中から最大10社の無料見積り!
しつこい勧誘は一切ありません!
安心してお手軽にご利用ください!

無料見積りはコチラ!