香典返しの無駄を省いて費用を抑えましょう

無料で75万円もの葬儀費用を削減できた方法とは!

私が実際に試した葬儀費用を75万円削減した方法を知りたくないですか? 損しない一括見積もりはコチラ

香典返しの方法は選ばるもの

香典返しとは通夜や葬儀などで故人にお供えしていただいた
香典へのお礼としてお返しを行うことです。

 

一般的な香典返しの方法

香典返しでお礼を行う品物の金額は
香典の半額〜3分の1が一般的です。

 

香典金額により品物の金額を決めることが出来るため
不公平感がなく割り切ったお返しができるのが特徴です。

 

そして、この方法が多く用いられる理由として
費用が計算できることにあります。

 

例えば3,000円の香典を50名からいただいた場合
香典返しの金額を3分の1だとします。

 

香典で15万円いただき香典返しで5万円が
必要となることが明確になるのです。

 

このように香典金額に合わせた香典返しを行うためには
いただいた香典金額をまとめておく事が必要な事です。

 

香典返しはいつ?

香典返しの本来の時期は
忌が明けてから、行うものです。

 

忌が明けるというのは、
四十九日が過ぎてからという事になります。

 

一昔前は喪主が直接持参し
挨拶と共に贈るものでした。

 

しかし、現在は挨拶状とともに
配送することが多いようです。

 

即日返しを利用する方法

最近は通夜と葬儀の当日に香典をいただいた方へ
お礼の品物をお渡しする即日返しという方法が増えています。

いただいた香典の金額に関わらず2,000円〜3,000円の
香典返しをお渡しするものです。

 

通夜や葬儀の当日に香典返しを行うため
香典手帳の整理、品物を選定、お届けする負担が軽減されます。

 

しかし、香典の金額より香典返しの金額が大きくなるケースが
出てきたり、金額に不相応な品物になる可能性があります。

 

高額な香典を頂いた方へは相応な品物を
送ると良いのですが、当然費用が高くなります。

 

香典返しをしない方法

故人の生前の意志で香典は福祉施設などへ
寄付する場合は香典返しを行わないことがあります。

 

また、故人が生計を養っていた場合には
香典が重要な生活費となる場合があります。

 

このような場合は、挨拶状を送ることで
香典返しと同様の気持ちを伝える事ができます。

 

こんなに大きな費用の差

ここで一般的な香典返しと
即日返しの費用差がどれくらいあるのか検証してみましょう。

 

まず一般的な香典返しの場合です。

 

3,000円の香典に対する香典返しをAとして50個
10,000円の香典に対する香典返しをBとして20個で計算します。

香典返しA

数量

合計金額

香典返しB

数量

合計金額

総計金額

1000円

50

50,000円

3,000円

20

60,000円

110,000円

 

次は即日返しの場合です。

 

即日返しは70個で2,000円の商品を
均一でお渡しすることにします。

即日返し

数量

合計金額

追加返礼品

数量

合計金額

総計金額

2,000円

70

140,000円

3,000円

20

60,000円

200,000円

 

一般的な香典返しと即日返しの違い

即日返しの総計は20万に対し
一般的な香典返しは11万円となりました。

 

勿論この差異は即日返しの価格を下げて
一般的返礼品のAを上げれば縮まります。

 

しかし、それでは質的にとてもバランスが悪い返礼品と
なってしまします。

 

予測出来ない香典に対し予め用意することは
費用の無駄が当然の如く発生するものです。

 

少しばかりの手間ひまはかかるものですが、
忌明け香典返しをお勧めします。

 

香典返しの本来の意味

香典返しの本来の意味とはどういうことでしょうか。
香典をする側の目的のようなものです。

 

香典を行う意味の中には、葬儀には大きな費用がかかることから
香典により遺族の経済的負担を軽くするというものがあるのです。

 

従って香典返しは必ずしも行わなければならないものではありません。
一日の大黒柱が亡くなった場合などは尚更です。

 

香典に対しての感謝の気持ちは大切ですが、
見栄を張ったり無理をした香典返しは必要ないのです。

お住まいの地域で最安値の葬儀社ご紹介出来ます!

全国約400社の中から最大10社の無料見積り!
しつこい勧誘は一切ありません!
安心してお手軽にご利用ください!

無料見積りはコチラ!