葬儀のご挨拶を行います

無料で75万円もの葬儀費用を削減できた方法とは!

私が実際に試した葬儀費用を75万円削減した方法を知りたくないですか? 損しない一括見積もりはコチラ

心を込めたご挨拶

挨拶は時期が大切

葬儀が無事終わりホッと一息つきたいところですが
お世話になった方々へのご挨拶をしなければなりません。

葬儀のあとのご挨拶は喪主と遺族でお礼を述べます。
お礼の時期は葬儀の翌日から遅くとも初七日までに行います。

 

葬儀のお礼に関して時期が遅れることは
礼を失うことにも成り兼ねませんので早目に行うことをお勧めします。

 

大切なお礼ではありますが、服装は地味な平服でも
構わないと思われます。菓子折など持参するとよいでしょう。

 

挨拶するところとは

挨拶が必要なところは、喪主や遺族が一番ご存じのはずですが、
思わぬところでご尽力頂いた方もいるものです。

 

喪主だけでなく遺族にもよく話を聞いて
漏れのないようなご挨拶が出来ると良いですね。

寺院への挨拶

最近では寺院への挨拶は葬儀当日に
お車代を渡して挨拶に変える場合があります。

 

葬儀当日にお礼をしていない場合は
葬儀の翌日に今後の法要の事も含めて相談するとよいでしょう。

 

僧侶はいろんなお話をしてくれ葬儀後に行うべきこと
心の持ち方なども教えてくれるので為になることが多いものです。

 

世話役、世話役代表

世話役や世話役代表の方へも最近は葬儀当日
お車代としてお礼を済ませるケースが多くなっています。

 

世話役代表、世話役には金品などと一緒に
お礼の言葉を述べます。

 

近隣の方々への挨拶

隣近所の方々への配慮も忘れてはならないでしょう。
自宅で葬儀をあげた場合は多少なりともご近所にご迷惑をおかけしています。

 

また、町内会の役員の方や受付を担当してくれた方にも
忘れずお礼を述べておくことが大切です。

 

ご近所の方で葬儀に来れなかった方も
葬儀後御自宅にお参りに来る方もいるものです。

 

会葬礼状は多めに用意して備えておきましょう。
返礼品も出来れば用意しておけば礼を欠かさずに済むでしょう。

 

故人が在職中であった時は

故人が在職中お亡くなりになった場合は
勤務先にご挨拶に伺います。

 

菓子折などを持参し丁寧な挨拶を行います。
その際は私物の整理や事務手続きも合わせて行います。

 

故人が在職中であった職場に行く際は予め電話連絡をしておきます。
また、会社に返却するものや印鑑を持参することが必要です。

 

故人が辞職中になくなった場合の確認事項です。

提出物 死亡届、保険料控除、医療費控除の資料等
返却物 会社資料、鍵、社員証、健康保険証、年金手帳等
事務手続き 団体生命保険、退職金、給与、社内貯金、社会保険の埋葬料請求、遺族厚生年金の請求等

 

挨拶と香典返しの違い

挨拶とはお世話になった方へ
初七日までに行うお礼を込めて行うものです。

 

香典返しは香典を頂いた方へ
感謝の気持ちを込めお礼を行う行為です。

 

香典返しの時期は一般的には
四十九日以降で良いと言われています。

 

会社勤めをしている方が、上司や同僚に香典を
頂いた場合のお礼は四十九日以降で良いのです。

 

しかし、仕事上でご迷惑をかけお世話になっていることから
無地葬儀が終わった事の報告やお礼は初七日までに行うことが常識的です。

 

 

心を込めたご挨拶

葬儀に際しては多くの方々に助けていただき
故人を見送ることが出来るものです。

 

そして、残された遺族はこれから先もこれらの方々に
お世話になることが多くあるでしょう。

 

挨拶回りはこれらのことを思い、心を込めて行いたいものです。
心を込めたお礼の目安は以下の通りです。

対象者

金額

備考

世話役代表 5,000円〜10,000円 お車代として渡す場合もあります。
世話役 10,000円〜20,000円 喪主より目上の場合は現金以外もありえます。
隣近所 2,000円〜3,000円 菓子折り、商品券等。
故人会社関連 5,000円程度 社員数に合わせ菓子折等。

お住まいの地域で最安値の葬儀社ご紹介出来ます!

全国約400社の中から最大10社の無料見積り!
しつこい勧誘は一切ありません!
安心してお手軽にご利用ください!

無料見積りはコチラ!