還骨法要は初七日を兼ねて行うことが多いのです

無料で75万円もの葬儀費用を削減できた方法とは!

私が実際に試した葬儀費用を75万円削減した方法を知りたくないですか? 損しない一括見積もりはコチラ

還骨法要と初七日

初七日とは亡くなってから7日目に行われる法要です。
しかし、遺族の日程を配慮し初七日だけを行うことは少なくなってきました。

初七日は葬儀のあとで行われるケースも増えてきました。
また、還骨法要と同じタイミングで行う場合もあります。

 

還骨法要とは火葬後に
自宅の後飾り祭壇に遺骨を安置して行う法要のことです。

 

還骨法要で葬儀が終わる

火葬が終わったあとは、自宅に入る前塩と水で身を清めます。
そして位牌と遺骨を後飾り祭壇に安置します。

 

後飾り祭壇は仏壇の前、或いは部屋の西か北設置します。
遺影や花、線香そして蝋燭を飾り付けます。

後飾り祭壇は埋葬の日や四十九日の忌明けまで
毎日灯明を灯し故人の冥福を祈ります。

 

また、後からお悔やみにこられた方には
この祭壇にお参りをしてもらいます。

 

遺骨を安置し僧侶の読経のなか、喪主から順に
焼香をしていき、葬儀が全て終となります。

 

還骨法要が終わったあと、初七日の法要を行う
ケースが多くなってます。

 

また、このあとの精進落としの関係から
還骨法要、初七日法要を葬儀場で行うケースも多々あります。

 

精進落とし

精進落としとは普段の生活に戻るきっかけとなるものです。
忌中の生ものを食べない生活からいつもの食事をするきっかけとなる儀式です。

 

本来は四十九日後に行われるものですが
最近では葬儀後に行われることが多くなりました。

精進落としを行う場所は初七日法要を行う場所
となるのが極めて多く自然です。

 

自宅で初七日を行った場合は精進落しは
自宅や近くの料亭などとなります。

 

葬儀場や寺院が初七日の場所であれば
その場所が精進落としを行う場所となるのが通例です。

 

精進落としは僧侶やお世話になった人へのお礼の席でもあります。
遺族は末席に座り、席を回って接待を心がけます。

 

精進落としは1〜2時間程度が一般的です。
閉会時は喪主もしくは親族代表が葬儀のお礼を述べ終わります。

 

お住まいの地域で最安値の葬儀社ご紹介出来ます!

全国約400社の中から最大10社の無料見積り!
しつこい勧誘は一切ありません!
安心してお手軽にご利用ください!

無料見積りはコチラ!