火葬の知識も必要です。

無料で75万円もの葬儀費用を削減できた方法とは!

私が実際に試した葬儀費用を75万円削減した方法を知りたくないですか? 損しない一括見積もりはコチラ

納めの式

火葬許可証の提出

火葬場ではまず火葬許可証を提出することが
必要となります。

火葬許可証の取得や提出は
通常葬儀社が代行していくれます。

 

しかし、葬儀を行うにあたっては知っておいた方が
良いと思われるため流れだけを説明しておきます。

 

故人が亡くなったあと、医師から
死亡診断書と死亡届を受け取ります。

 

その後死亡届に必要事項を記入し認印を押印します。
死亡届と死亡診断書を役所に退出します。

 

死亡届が受理されると火葬許可証が発行されます。
この火葬許可証の提出が火葬場で必要となるものです。

 

納めの式

火葬炉の前に棺を安置してもらい
炉の前の祭壇用の机に位牌や遺影を飾ります。

 

このあと、納の式を行い最後のお別れをします。
僧侶が同行していれば読経のなかで焼香を行います。

 

僧侶が同行しない場合は係員の支持に従い
焼香を行っていきます。

 

棺を炉に納める時は一同合掌して故人の
冥福をお祈りしましょう。

 

火葬を待つ間

火葬が終わるまでには40分〜50分は必要です。
設備によっては1時間〜2時間かあkる場合もあります。

その間遺族は僧侶や親戚を菓子や弁当
お酒でもてなすのが習わしです。

 

もてなしにお酒が入る場合や子供さんが多い場合は
費用はかかりますが別室を用意したほうが良いでしょう。

 

他の遺族の方も多数待機しているので
ご迷惑をおかけしないことがマナーです。

 

骨上げ

骨上げとは火葬が終わったお骨を骨壷に収めることです。
2人1組となり1つの骨を2つの箸で骨壷に収めます。

 

通常は歯を最初に収めその後、
足から頭の方へ壷の中で立った姿になるよう収めます。

 

そして最期に喉仏の骨を喪主が
拾うといのが一般的な骨上げの方法です。

 

死体埋葬許可証について

お骨を納め終わった骨壷は係りの人が
白木の箱に入れて白い布で包んでくれます。

 

この時、死体埋葬許可証も一緒に手渡されます。
埋葬許可証は埋葬時やお墓の移転などに必要です。

 

骨箱に入れる事で紛失が防げます。
埋葬許可証は骨壷を入れた箱の中にあることさえ覚えていれば大丈夫です。

お住まいの地域で最安値の葬儀社ご紹介出来ます!

全国約400社の中から最大10社の無料見積り!
しつこい勧誘は一切ありません!
安心してお手軽にご利用ください!

無料見積りはコチラ!