現代社会における通夜のああり方とは

無料で75万円もの葬儀費用を削減できた方法とは!

私が実際に試した葬儀費用を75万円削減した方法を知りたくないですか? 損しない一括見積もりはコチラ

現代社会における通夜のあり方

通夜の本来の意味は故人と親しい人々との
最後の夜を故人の思い出話で語り合うことです。

更に本来、通夜は僧侶から故人の死を通じ仏様の
教えを夜を通し聞かせていただくことを趣旨としています。

 

しかし、現代社会においては時間的な制約があるため
僧侶の読経の中で会葬者が焼香を行うという形が取られます。

 

通夜とは葬儀に行けない人のためにある
故人とのお別れの場というイメージが強いのではないでしょうか。

 

現在は夜の6時前後から2時間程度行われる
半通夜が一般的となっています。

 

通夜のスケジュール

通夜は一般の弔問客も参列する告別式スタイルが多く
寺院や葬儀場で行われることが殆どです。

 

通夜のスケジュールとしては

  1. 僧侶を迎えご挨拶と打ち合わせを行う
  2. 受付開始
  3. 僧侶の入場、読経開始
  4. 焼香
  5. 法話
  6. 喪主挨拶
  7. 通夜振る舞い

の順番に行われるのが一般的です。

 

僧侶をお迎えしての打ち合わせ

葬儀場で通夜を行う場合は僧侶も司会者も
暗黙の了解でやるべきことはわかっています。

 

ご遺族は葬儀社の進行係りの人から
教えてもらうことが多いでしょう。

 

葬儀場で行わない場合は僧侶から
進行手順をよく聞いて置くことが大事です。

 

僧侶によっては法話の時に故人のお話をするため
生前の趣味や性格などを聞く場合もあります。

 

構える必要はありませんが一応知って
おいたほうが良いでしょう。

 

受付開始

受付は事前に係りとなる方を決めておきましょう。
地域によっては町内から当番制で決まっているところもあります。

 

受付で大切なのは会葬礼状と返礼品の
受け渡し方法です。

 

返礼品には2種類あります。
通夜に足を運んで頂いたお礼と香典返しです。

 

更に、香典返しには後日お礼をするケースと
その日に香典返しを行う即日返礼があります。

 

即日返礼の場合は受付者にその意味をよく
伝えておかないと返礼品が過剰に出てしまいます。

 

出来れば香典開始は葬儀が終わって
別に行うことをお勧めします。

 

僧侶入場、読経開始

喪主や遺族は弔問客には対応しなくても良いのが習わしです。
喪主と遺族は通夜開始の15分前には着席します。

着順は棺に一番近いところに喪主が座り
祭壇に向かい右側が親族、左側が一般弔問客です。

 

一般弔問客席には縁の深い人から前に着席します。
大切な人がいる場合は予め席を用意してもらうとよいでしょう。

 

僧侶が読経を始めたあとは司会者の方の
案内を聞き合唱と礼拝を行えば良いでしょう。

 

焼香

焼香は喪主、遺族、親戚、来賓、弔問客の順で行います。
焼香の方法は宗派によって異なります。

 

宗派にこだわりが無い場合は一般的な方法で良いかと思われます。
一般的な焼香の作法は以下のとおりです。

 

  • 僧侶に一礼(僧侶が背を向けているときは不要)
  • 祭壇に合掌、礼拝
  • 焼香
  • 一般弔問客に向き直り一礼する

 

焼香の仕方も葬儀場で行う場合は丁寧に教えてくれます。
喪主が高齢の場合には係りの人がお手伝いをしてくれるので安心です。

 

法話

すべての僧侶が法話を行うわけではありませんが、
焼香が終わったと僧侶が法要の意義などを話してくれます。

 

故人を偲び、哀悼の意を表してくれるとともに
深い悲しみの中で心に響くお話を聞くことも出来るものです。

 

喪主挨拶

僧侶が退場したあと喪主が弔問客に挨拶を行います。
挨拶文の例は葬儀社が用意してくれます。

 

しかし、ご自分で考えた言葉で挨拶をしたいという
方も多くいるかとお思います。

 

喪主挨拶を考える場合は

  • 弔問客へ感謝の気持ちを伝える
  • 故人の最後の様子を伝える〜生前のお見舞いへの感謝の気持ちを伝える
  • 故人亡き後のお付き合いをお願いする
  • 遺族の決意を伝える

などのポイントを押さえて文書を作成してみましょう。

 

通夜振る舞い

通夜振る舞いは弔問客に振舞うのが習わしですが
最近は対象が親族のみとなっています。

 

地域によって違いがあるかとは思いますが
通夜振る舞いは親族と特別親交の深かった人のみで計算すればよいでしょう。

 

通夜振る舞いでは、汚れを清めるという意味で
お酒を出しますが、宴席ではないので一通り生き渡す程度でよいでしょう。

時間も1時間程度で終わらせるのが一般的です。
時間を見計らって喪主がお礼を述べ終わらせます。

 

僧侶への通夜振る舞いを行う場合は最上席を用意しておきます。
しかし、最近は御膳料(1万円が目安)としてお渡しするのが一般的です。

お住まいの地域で最安値の葬儀社ご紹介出来ます!

全国約400社の中から最大10社の無料見積り!
しつこい勧誘は一切ありません!
安心してお手軽にご利用ください!

無料見積りはコチラ!