通夜、葬儀の準備を行うには

無料で75万円もの葬儀費用を削減できた方法とは!

私が実際に試した葬儀費用を75万円削減した方法を知りたくないですか? 損しない一括見積もりはコチラ

通夜、葬儀の前に行うべきこと

打合せする親族の選定

葬儀社と打ち合わせる際、喪主が率先して行える
場合は、喪主が相談する方を選べばよいと思われます。

 

しかし、喪主が高齢の場合などで充分な取り決めが
できないケースも実際は増加しています。

 

このような場合には、喪主に近い方から出来れば
複数人の遺族が参加して打ち合わせを行うことが望ましいでしょう。

打ち合わせ時に必要な準備

葬儀社と打合せする際には

 

  • 故人の生年月日、年齢、住所、氏名
  • 喪主の氏名、続柄、世話役の氏名
  • 会葬予定者数、親族の数
  • 宗教、仏教の場合は菩提寺
  • 予算
  • 希望する会場
  • 葬儀、通夜の日程

などが必要な情報となります。

会葬予定者数、親族の数は葬儀費用の中の
飲食接待費に大きく影響するので出来る限り正確な情報が欲しいものです。

 

菩提寺の有無などは、ご年配の親族で
詳しい方もいるもので尋ねると良い答えが得られるでしょう。

 

安置と納棺

病院から搬送する遺体は安置する場所を決めます。
自宅か葬儀社の安置所かの選択です。

 

自宅に安置するのメリットは、

  • 病院でお亡くなりになられた故人が最期に帰宅出来る
  • ご遺族だけで最後のお別れが出来る
  • 葬儀社の安置室使用料が必要ない

 

葬儀社の安置室を利用するメリットは、

  • 環境が整っているため遺体の腐敗が抑えられる
  • 遺体搬送費用が安くなる

 

などがあります。

 

枕飾り

遺体を安置する際に、枕元に置く飾りを枕飾りといいます。
葬儀社が決まっていれば、すぐに用意をしてくれます。

 

枕飾りが整ったとは枕経を読経してもらいます。
一般的には納棺前に行いますが、最近は省略することもあるようです。

 

湯灌について

湯灌とは始めて聞かれる方も多いのでhないでしょうか。
故人を送リだすため遺体を沐浴させ洗浄することです。

 

生まれてきた赤ん坊が産湯につかるのと同じように
新たに生まれ変わる故人の旅立ちを願うため、湯灌の儀が行われます。

 

湯灌は葬儀社のよってはサービスで行うところもあれば
有料オプションで行われるところもあります。

 

個人的な感想で恐縮ですが私の経験からすると
湯灌の儀は涙が止まらないほど感動したものでした。

 

納棺

湯灌が終わったあと納棺前に旅支度を行います。
経帷子(きょうかたびら)などの死装束を着せます。

 

服装が整ったら何人かで遺体を納棺します。
納棺までの準備は葬儀会社が行ってくれますが
納棺は故人に触れる最後の機会ですので手を添えることをお勧めします。

 

故人の愛用品を棺に入れる場合は爆発の危険性があるもの
燃えないものは入れることができません。

 

よくわからない場合は火葬場や葬儀社に問い合わせましょう。
どうしても個人と一緒にという場合は遺骨と一緒に収める方法もあります。

 

葬儀社との打ち合わせ

通夜、葬儀前に行う準備としてメインとなるのは
葬儀社との打ち合わせです。

 

葬儀社との打ち合わせの前は
イメージする葬儀を親族と共有しておくと良いでしょう。

 

イメージするのは、どのような葬儀をどのくらいの予算で
行えるかということです。

 

葬儀社と打ち合わせを行う際留意すべきことは

  • 葬儀一式費用の祭壇とお棺の費用割合が大きいことを認識しておく
  • 飲食接待費の中は返礼品と精進落としが費用の大きなウエイトを占める
  • 寺院への支払いも予算に入れておく
  • 総額予算を葬儀社には伝えておく
  • 決めたことは見積書として文書で残しておく

などです。

 

葬儀社との打ち合わせは、これから執り行う葬儀の成否を
左右する大切なものですので、妥協せずしっかりと交渉しましょう。

お住まいの地域で最安値の葬儀社ご紹介出来ます!

全国約400社の中から最大10社の無料見積り!
しつこい勧誘は一切ありません!
安心してお手軽にご利用ください!

無料見積りはコチラ!