臨終後行うべきこと

無料で75万円もの葬儀費用を削減できた方法とは!

私が実際に試した葬儀費用を75万円削減した方法を知りたくないですか? 損しない一括見積もりはコチラ

身近で大切な方が亡くなった後、どうすれば

身近な大切な方がお亡くなりになったときは
動揺してどう行動すれば良いのかわからなくなってしまうもの。

 

とても辛いことですが、私たちはその時のために
やるべきことを予め知って準備しておくことが必要です。

 

危篤の連絡

急な出来事でない限り危篤の連絡が必要です。
連絡が行き届かな場合、後々恨まれることにも成り兼ねません。

 

危篤連絡の際、気をつけておくべき事は
危篤連絡は三等親を目安に行います。

 

しかし、三等親でなくても故人への
思いがある方には連絡をするべき場合もあります。

 

誰が誰に連絡するのかを事前に決めておくことも大切です。
電話連絡が基本で、時間帯はは深夜、早朝でも許されるものです。

 

伝える内容は、

  • 危篤者の氏名
  • 病名と状態
  • 入院場所(病院名、部屋番号)
  • 連絡先(代表者、病院など)

などで、簡潔に行います。
葬儀出欠については尋ねないことが無難です。

 

末期の水

臨終を告げられたあと、個人と一番身近な人が
末期の水をとります。

 

脱脂綿に水を含ませ故人の唇を潤します。
病院では安置室で行うこともあるため看護師さんに尋ねてみましょう。

 

自宅でお亡くなりになった場合は、医師が死亡診断書を
作成するまで遺体を動かすことはできません。

 

変死が疑われる場合など警察に連絡し死亡原因を特定するため
行政解剖や司法解剖が行われるケースもあるのです。

 

病院以外でお亡くなりになった場合は、医師の死亡診断書が
作成されたあと、末期の水を取る事になります。

 

退院の手続き

死因の説明

通常死亡が確認されたあと担当医による
死因についての説明があります。

 

ここで、大切な事は納得いくまで聞いておくことです。
後で親族や知人から尋ねられることもあるのでメモ等を用意して臨みましょう。

 

安置室からの移動

死因の説明を受けているあいだに遺体は霊安室に移動されます。
死因の説明を受けたあと最後を看取った人で供養することができます。

その際はお世話になった担当医や看護師も
遺体にお別れをしてくれます。

 

遺体を安置場所へ移動しますが、通常手配した葬儀屋さんが
移動車両を用意してくれます。(有料)
葬儀屋さんが決まっていない場合は病院でも紹介してくれます。

 

遺体の搬送までに病院への支払いをしておくと良いでしょう。
私物も忘れないよう整理して持ち帰ります。

 

死亡診断書の受け取り

死亡時に診断してもらった医師に作成してもらいます。
自宅で亡くなった場合も同様です。

 

死亡診断書は死亡届と一対となっています。
料金は病院によって異なりますが5,000円〜10,000円位です。

 

死亡診断書は市町村役場へ提出します。
他にも生命保険の請求など使用します。

 

臨終後の連絡

臨終後の連絡先は危篤連絡先に
順にて行えば良いでしょう。

 

更に故人の知り合い関係、喪主やその家族の
会社関連への報告と連絡も必要です。

 

葬儀が決定するまでの時間を有効に
利用することがとても大事なことです。

 

連絡先リストを作成しておくと葬儀日時や場所の
決定後、迅速で確実な連絡が出来るためお勧めです。

 

寺院への連絡

寺院への連絡を行う際、まず知りたいのは、
故人の菩提寺の有無を知る事です。

 

菩提寺とは馴染みの少ない言葉かもしれませんが、
先祖の位牌を納めてある寺のことです。

 

菩提寺がなければ葬儀業者に紹介してもらうことが
出来るので相談すると良いでしょう。

 

お寺が決まったあとは、葬儀の日程を打合せします。
葬儀日程は寺院と葬儀社の都合もあるためしっかりした調整が必要です。

 

葬儀社の選択

葬儀社選びは、出来る限り故人が亡くなる前に
決めておくことをお勧めします。

 

大切な方がお亡くなりになった直後は深い悲しみで
どうして良いかわからない状態に陥ることもあります。

そんなとき、心強い味方となるのが葬儀社です。
従って、準備ができる場合は葬儀社を予め決めておくと安心です。

 

しかし、急なケースも多々あるもので、このような場合は
寝台車だけを手配し自宅に帰って葬儀社選びを行うことが得策です。

 

寝台車を依頼した流れで葬儀社に任せてしまうと
後で高額な葬儀価格を請求されることもありえます。

 

慌てる必要は全くないので慎重に葬儀社選びを行いたいものです。
葬儀社を選ぶには相見積を行うのがベストです。

 

見積一括サービスを利用することで短時間でも
ご遺族のご要望が満たされる葬儀者を見つけることが出来るものです。

 

後悔しない葬儀は前準備がポイント

大切な方の葬儀は
後悔しない納得いくものでありたいです。

 

心を込め故人を見送る葬儀を執り行うには
前準備が重要となります。

 

身近な大切な方の死は受け入れたくない事です。
しかし、どんなに丈夫な方もいつかはその日が訪れます。

 

その日を迎えより良い葬儀を行うのも残された故人の重要なつとめなのです。
とりわけ葬儀社の選択は葬儀の成否を左右する大切なものです。

 

事前に葬儀者を決めておくことは
後悔しない葬儀を行うため大切なポイントとなるのです。

お住まいの地域で最安値の葬儀社ご紹介出来ます!

全国約400社の中から最大10社の無料見積り!
しつこい勧誘は一切ありません!
安心してお手軽にご利用ください!

無料見積りはコチラ!