飲食接待費を効果的に

無料で75万円もの葬儀費用を削減できた方法とは!

私が実際に試した葬儀費用を75万円削減した方法を知りたくないですか? 損しない一括見積もりはコチラ

飲食接待費用

葬儀社に支払う飲食接待費用は
飲食代や返礼品などがあります。

 

飲食接待費用は、葬儀参列者や親族の数で
金額が大きく変動します。

 

ここでは各品目と一般的な価格で計算し
飲食接待費用の中の割合を記載します。

返礼品関連

料理関係

会葬礼状

返礼品

香典返し

小計

通夜振舞

葬儀朝

お斎

小計

6%

17%

23%

46%

17%

10%

27%

54%

 

返礼品関連と料理関係の費用は同程度となっています。
香典返しとお斎の割合が高くなっている事に気がつかれた事でしょう。

 

香典返しの価格が高くなっているのは

 

単価もそこそこ高いもので、数量的にも多いからです。

 

お斎とは葬儀(告別式)後の食事のことで
単価的には他の料理と比較し高めとなります。

 

準備次第で落とせる飲食接待費

料理などの費用を安く

料理の費用は葬儀費用の4分の1程度を占める
もので、ウエイトとしては大きな項目です。

 

従って、飲食接待費を下げることは大きな費用削減につながります。
高額な飲食接待費は周到な準備ができれば安くすることも可能です。

その準備とは葬儀社を選ぶときに必要なものです。
まず第一に行うことが、精進落としの場所と料理の選択です。

 

精進落としは料理代と飲み物、サービス、時には場所代も
かかるため高額な費用となります。

 

自宅で行うことができれば、サービス費用、場所代は必要ありません。
料理は仕出し屋さんに頼めば葬儀社の料理より安上がりとなるでしょう。

 

その為、葬儀の打ち合わせの際葬儀社には
その旨確実に伝えておくことが必要です。

 

当然、仕出し屋さんへの注文や
飲み物の準備を抜かりな行ないましょう。

 

心を込めた返礼品を無駄なくお渡しする方法

返礼品の基本的な形

返礼品には、

  • 会葬礼状
  • 返礼品
  • 香典返し

に大別されますが、これらを上手く使い分けることが
できれば失礼にあたることはないでしょう。

会葬礼状は通夜や葬儀(告別式)へ参列していただいた方
や香典を頂いた方へお渡しします。

 

返礼品は葬儀や通夜に参列して頂いた方
全員へお渡しします。

 

香典返しは香典を頂いた方へお渡ししますが、
最近は即日返礼という形で行うことが多いようです。

 

費用が上がる即日返礼

即日返礼は香典をただいた方へ
葬儀当日に返礼品をお渡しし、その後のお礼を省略するものです。

 

効率的に見える方法ですが、
実は返礼品の費用を高くする原因になる場合が多いのです。

 

即日返礼が香典返しという意味を参列者も受付の方も
全員が理解していれば香典の数だけの返礼品で良いのです。

 

しかし、実際はそんなに上手くはいかす
返礼品が不足することになるのです。

 

また、香典を連盟でいただく場合がいくつかあります。
香典返しですので人数分お渡しする事になります。

 

このようにして即日返礼は費用が上がるものです。

 

葬儀社は即日返礼品の利益は大きいため
推奨しますが、実際は費用高となるのでお勧めできません。

 

返礼品の上手なお渡し方法

即日返礼は費用が無駄に高くなる可能性を秘め
受付が混乱する事も考えられます。

 

故人を偲ぶための場でこのような事だけは避けたいものです。
心を込めた葬儀が滞りなく行われるためにも返礼品は忌明け返礼がお勧めです。

 

葬儀後に感謝の気持ちを込めて無駄のない数だけ
用意することが心のこもった経済的な返礼品となるのです。

 

返礼品は葬儀社で頼めるものとご自分で
購入できるものをタイミングに合わせマッチングさせる事がお勧めです。

 

お住まいの地域で最安値の葬儀社ご紹介出来ます!

全国約400社の中から最大10社の無料見積り!
しつこい勧誘は一切ありません!
安心してお手軽にご利用ください!

無料見積りはコチラ!