葬儀費用の価格・相場なら

無料で75万円もの葬儀費用を削減できた方法とは!

私が実際に試した葬儀費用を75万円削減した方法を知りたくないですか? 損しない一括見積もりはコチラ

葬儀費用の相場を知ってますか?ご両親の死に直面したあなたへ

大切なご両親の死を迎えて

今、あなたは人生の中で味わったことのない悲しみと不安に襲われているのでは無いでしょうか?お気持ちお察し致します。

 

数年前に妻の父、そして2016年夏に私の父が亡くなった私はあなたの気持がよくわかります。

 

人はこの世に生を受け両親を始め周囲の人に喜ばれのですが、生を受けた瞬間からいずれ死を迎えることも確定されるのです。考えればとても残酷な事なのです。

 

 

ご両親の死は突然目の前に現れます。多くの人はご両親が元気なうちに死を考えることを「縁起でもない!」と言って考えようとしません。だから、医者から余命宣告を受けた場合など突然に死を受け入れなくてはなりません。

 

身近で大切な人の死を迎えると、私たちはこれ以上ない悲しみで動転してしまいます。さしあたって行う連絡や葬儀の準備などどうすれば良いのか混乱するのは当然の事です。

 

ですが、ここは気持ちを落ち着けこれから行うべきことを整理して、若しもの日に備えることが大切なことです。

 

2017年最新の葬儀形態をご存知ですか?

ご両親の死を迎えたあなたが、先ず行う事はどの様な葬儀を執り行うかを決めることです。

 

一昔前は大切な人が亡くなった場合、通夜や告別式の場所や日程を取り決め、故人の親族や友人ご家族の知人さらにご近所様など方々に連絡するといった流れで始まり参列者の規模も100名単位というのが一般的でした。

 

でも、高齢化社会という言葉が囁かれるようになった2000年を過ぎた頃から葬儀の形態が徐々に変化し始めました。高齢化社会に加え少子化・核家族化という社旗現象が葬儀形態を大きく変えてきました。

 

 

核家族化が進む前は高齢の方が亡くなった場合、故人の親族や知り合い、ご近所様、更に故人の子供さんやお孫さんの会社関係の方や知り合いが葬儀に参列されるため大規模な葬儀が執り行われていました。

 

少子化、核家族化が進むにつれ参列者が激減しています。大規模な葬儀に少ない参列者といいうバランスの悪い葬儀が一時期見受けられました。

 

そんな時代の変化とともに2017年の葬儀は身近な家族や親族だけによる家族葬、通夜や告別式を執り行わなず最低限のお別れを行う葬儀、通夜式を執り行わない一日葬などが多くなっているのが現状です。

 

お通夜・告別式を執り行わない葬儀

火葬式、直葬などと呼ばれる葬儀形態でお通夜や告別式などの儀式を行わない葬儀形態のことです。

 

メリット

火葬式、直葬のメリットは以下の内容が挙げられます。

  • 通夜式や告別式を執り行わないので時間的制約が少ない
  • 通夜式や告別式の準備が不要
  • 参列者への気遣いが不要で故人の見送りが充分できる
  • 体力的、精神的に負担が少ない
  • 宗教的儀式が不要
  • 葬儀費用が格段に安くなる

 

遺族の方が悲しみと混乱、不安の中で多くの方に気遣いをして精神的にも肉体的にも負担が大きいのは通夜式と告別式の準備から滞りなく終了させるまでの過程です。火葬式、直葬では通夜式・告別式がないメリットは計り知れない大きなものです。

 

デメリット

火葬式、直葬はメリットは大きいものですが次のようなデメリットも存在します。

  • 参列者が多い場合は不向き
  • 身内だけで葬儀を執り行った場合、葬儀後「葬儀に参列したかった」という声が聞こえるケースがある
  • 僧侶への読経等をしない場合不安になる方もいる
  • 周囲の人がどう感じているのか不安になる場合がある

 

火葬式、直葬を執り行う上で最も悩むのは「このような葬儀で良いのか?」という不安が出てくることでしょう。

 

しかし、近年は通夜式・告別式を執り行わない火葬式、直葬はとりわけ増加傾向が大きな葬儀形式となっているのです。

 

火葬式、直葬の不安材料として僧侶による読経や説法がない事が有りますが、火葬式、直葬の場合は、プランには僧侶の手配がないだけで、別途申し込みをすれば僧侶による読経などは可能です。

 

お通夜・告別式は執り行う家族葬

通夜式と告別式は通常に執り行うのですが家族や身近な友人で行う葬儀で規模は小さなものとなります。

 

メリット
  • 家族葬のメリットは以下の内容があります。
  • 参列者が少ないため精神的、肉体的負担が軽減される
  • 一般の葬儀に比べ費用が安くなる
  • ご近所様とのお付き合いが多い60代〜70代の方の葬儀に適している
  • 小さな規模でも無駄なく葬儀が行える

 

家族葬は参列者の数がが限られている場合に無駄を省き効率的な葬儀を可能とします。特に近所付き合いが多かった年代の方はご近所様の参列者が圧倒的なので利用価値が高い葬儀です。

 

デメリット
  • 会場が小規模のため参列者数の予測を誤ると不満が出るケースがある
  • 必要最小限の内容となるので豪華な葬儀を希望する方には向かない

 

家族葬は葬儀を執り行う葬儀場の規模により参列できる人数が小規模となります。最大でどれくらいの人員が可能かよく調べておくことが重要です。参列者が多いけれど、どうしても家族葬で葬儀を執り行いたい場合は予め関係者にはその旨連絡しておくことが必要です。

 

一日葬

一日葬とは通夜式を執り行わない新しいスタイルの葬儀です。告別式から火葬までを一日で執り行う葬儀です。

 

メリット
  • 一日で葬儀が完結するので時間がない方には便利
  • 親しい方や親族だけで執り行う葬儀が可能
  • 大げさな葬儀は嫌だけど告別式は執り行いたいという方に適する
  • 家族葬に比べ費用が安くなる

 

一日葬は通夜式がない分、遺族の負担が減るのがメリットです。それでいて告別式はしっかりと執り行えるので安心できるところがあり近年人気の葬儀形態となっています。

 

デメリット

家族や親しい友人以外の参列者が多い場合は事前に断りを入れる必要がある
通夜式を執り行わないことに抵抗を感じる方も少なくはないので配慮が必要

 

一日葬は故人に時間がないが、告別式はしっかり執り行いたいという欲求を満たすことができる斬新な葬儀です。斬新が故にその理由が理解できない方もおられることでしょう。そのような方の批判が出ないような配慮をしておくことが賢明かもしれません。

 

葬儀の相場を知って後悔しない葬儀を執り行いませんか?

このように2017年は従来通りの葬儀に、【お通夜・告別式を執り行わな火葬式・直葬】【お通夜・告別式は執り行う家族葬】【一日葬】が加わり葬儀のスタイルを選べる時代になっていくでしょう。

 

その時、気を付けたい事は葬儀費用の価格差です。葬儀業界はこの時代にあっても不透明で分からない部分が存在ます。

 

2016年、父の葬儀の際には遺影写真の見積もりがなんと5万円という価格で記載されていました。その葬儀業者は母が長年積み立てを行った大手の業者だったのですが、このような信じられない価格設定が存在していました。

 

テレビでCMを打ち雑誌にも掲載されている大手の葬儀業者といっても怪しい見積もりを出してくるのが葬儀業界の実態です。ご遺族が落胆し混乱している時に優しい言葉であり得ない金額の見積もりを出してくる業者も少なくありません。

 

そんな業者に騙されないいためにはどうしたら良いのか?

 

悪徳業者に騙されないためには適正な相場を知っておけば大丈夫です。

 

相場はあなたが執り行う葬儀の形態のものを知っておかなければなりません。家族葬を執り行いたい方が一般の相場で比較検討しても意味がない事ですので、あなたが執り行いたいスタイルの葬儀相場を知っておくことが重要です。

 

一般的な葬儀の相場

一般的といっても参列者の数によって違いがありますので、ここでは100名規模の葬儀における相場を記載します。本サイトでは葬儀費用の相場を記載しておりますが、現在も大きな違いは無いように見受けられます。

 

参列者が100名程度の規模での一般的な葬儀費用の全国平均が120万円程度です。(財団法人日本消費者協会より)
尚、この金額はあくまでも葬儀費用であり返礼品、料理にかかる費用、寺院への費用は含みません。

 

お通夜・告別式を執り行わない葬儀

火葬式、直葬などと呼ばれる葬儀形態でお通夜や告別式などの儀式を行わない葬儀形態での相場は20万円以下と設定すれば十分です。

 

火葬式、直葬の相場をみるときにきをつけたいのが、追加料金が発生しないシステムかどうかという事です。悪質な業者はご遺体を搬送する寝台車の料金を1回だけシステムに組み込み、2回目以降は高額な代金を請求することもあります。そもそもご遺体は病院から自宅(場合によっては安置所)で1回、その後火葬場への移動で2回は使用するのが通常なのです。

 

火葬式、直葬などと呼ばれる葬儀形態でお通夜や告別式などの儀式を行わない葬儀形態を選択sる場合はシステムをよくチェックして追加料金が発生しない業者を選択しましょう。

 

但し、僧侶に読経を行ってもらいたい場合は別途料金が必要なので知っておきましょう。

 

お通夜・告別式は執り行う家族葬の相場

お通夜・告別式は執り行う家族葬の場合は50万円以下が相場と設定しましょう。

 

この場合も追加料金が発生にないプランのある業者を選択しましょう。お通夜・告別式は執り行う家族葬の場合は通夜式や告別式のほか初七日も行うのが今では主流なのでプランに組み込まれているかをチェックしておきましょう。

 

お通夜・告別式は執り行う家族葬の場合は、僧侶の読経も行うことが多いのですが、この費用は別途必要であることも知っておきましょう。

 

一日葬の相場

一日葬の相場は40万円以下と設定しましょう。

 

一日葬の場合も同様に追加料金が発生しないか?を注意深くチェックしましょう。更に一日葬も告別式では僧侶にお願いするケースが多いのですが、別途料金が発生することも知っておいてください。

 

葬儀業者はどうやって選べばいいの?

ここまでに葬儀の形態ごとの相場を理解していただけたと事でしょう。

 

そして、これからはあなたが執り行いたい葬儀の種類を決め葬儀業者を選択しなければなりません。

 

しかし、あなたがお住まいの地域だけでも数多くの葬儀社が存在するのではないでしょうか?おそらく今のあなたに地域の葬儀業者と話をして見積もりを貰う時間は無いでしょう。

 

そこで、お勧めしたいのがネット上でご希望の葬儀社を探すことが出来るサイトです。

 

、【お通夜・告別式を執り行わな火葬式・直葬】【お通夜・告別式は執り行う家族葬】【一日葬】のいずれかをご希望される場合は全国対応、低価格のシンプルな葬儀【小さなお葬式】が相場以下で追加料金が発生しない葬儀業者を探してくれます。

 

全国対応、低価格のシンプルな葬儀【小さなお葬式】は下記バナーをクリックするとサイトに移動できます。


 

【小さなお葬式】がお勧めできる理由としては

  • それぞれの葬儀形態の相場の中で葬儀費用が収まっている
  • 追加料金が発生しないプランを実施している
  • 不当な請求に対し返金保証制度がある
  • 24時間いつでも相談、受付が出来る
  • スタッフの教育が行き届いている
  • 早めの準備で更に費用が安くなる早割制度がある
  • 支払い方法についてクレジット決済や分割ローンが出来る
  • 口コミ・評判が良い

等ですが、一番の強みは紹介した業者が不当な請求をした場合は返金保証してくれる制度が有ることです。
更に、業者から見積もりが出た段階で適正な葬儀であるかを、専門の審査部門のスタッフが見積書の内容を細かくチェックし、本来必要のないような追加オプションがないか金額が適切か厳正な確認をしてくれるので安心して任せられるサイトです。

 

 

規模の大きな葬儀業者をお探しでしたら葬儀レビがお勧めです。

 

お勧めできる理由は妻の父が亡くなった際にこのサイトを利用して安価で心のこもった葬儀を執り行えたからです。

 

体験談は、「こんなに違う事前見積もり〜私の体験談」で詳しくお伝えしていますが、葬儀費用の見積もりを複数の業者から貰って比較することで安価で気持ちのこもった葬儀を選択できるというメリットがあります。

 

葬儀は規模が大きくなればなるほど価格差も大きくなります。しtがって複数の葬儀業者から見積もりを貰って比較検討することをお勧めします。

 

葬儀レビの詳細は下記バナーをクリックしてください。

 

お住まいの地域で最安値の葬儀社ご紹介出来ます!

全国約400社の中から最大10社の無料見積り!
しつこい勧誘は一切ありません!
安心してお手軽にご利用ください!

無料見積りはコチラ!